人気ブログランキング |
ブログトップ

万願寺通信

万願寺の森は狼山の麓。 鉱石を道標に月の影を探して。 小鳥のさえずりが合言葉。


by 万願寺
画像一覧
更新通知を受け取る

秋、来たりなば

a0020763_1234581.jpg

季節が移り、通勤バスの車窓からの眺めも、ずいぶんと変わりました。
あんなにもまばゆく輝いていた緑の若葉たちも、しっとりと成熟した秋の色に。

いやいや、ひとりでアンニュイな気持ちに浸っている場合じゃないwww
PCやらデジカメやら、新入り軍団と抗戦中の万願寺。
旗色、悪いです・・・。
設定が終わったら、今度はソフトを弄らなきゃ。
とほほ・・・、道のり遥かです。
トラックバックURL : https://manganzi.exblog.jp/tb/4421472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hide_soyokaze at 2006-10-03 17:45
もう秋ですよぉ~(笑)
がんばってね!
Commented by souchanlove at 2006-10-03 21:01
おにぎり持参で、遠出したくなる光景ですねw
黄金色に輝く晩秋、しかと目に焼き付けました。
Commented by derochan3 at 2006-10-03 21:38
こんばんは。
なんだか懐かしい風景です・・・
どうぞゆっくりゆっくりと〜
Commented by hanipyon at 2006-10-04 06:56 x
マイペース、マイペース♪

こちらは稲の刈り取りが終わった田圃が現れてます
「さあ、寒くなるぞ!」って言われてる気がします
Commented by rei_chan_ at 2006-10-04 16:33
万願寺さんっ♪
やっとあえたぁぁぁぁ
心配してましたよ~♪
これからも写真楽しみにしていますね。マイペースでがんばりましょうね。
Commented by manganzi at 2006-10-05 20:21
> ヒデさま
は~い、がんばりまぁす~。^^;
冬眠する前に・・・。(笑)
Commented by manganzi at 2006-10-05 20:25
> souchanloveさま
う~ん、と、思いっきり伸びをしたくなるような光景でしょ?^^
こんな風景を横目に仕事場へ急ぐだなんて・・・、ちょっと複雑な心境です。(笑)
Commented by manganzi at 2006-10-06 02:50
> でろさま
そうですね、小さな頃を思い出します。
思い出へとつながる、そんな風景。。。
田んぼはいつも遊び場でしたから。

はい、のんびりゆっくりやっていきます。^^
ありがとうございます。
Commented by manganzi at 2006-10-06 03:06
> hanipyonさま
わ~、お久しぶりです!!
う~ん、10月ともなれば、すぐ目前に冬、なのでしょうね、そちらは。
こちらはまだ、エアコンのお世話になる日も・・・。^^;

うたた寝状態がつらつらと続く「万願寺通信」ではありますが、よろしくお付き合いくださいませ!

Commented by manganzi at 2006-10-06 03:14
> れいちゃん
ありがとうございます、れいちゃん。
ご心配おかけしました。
忘れられてなくってよかったぁ~。(笑)
ひとつ事を始めるとふたつがおろそかになってしまうような、不器用者なんです、私って。
写真も復活させなきゃね~。^^
Commented by カクテキ at 2006-10-08 20:15 x
万願寺さん、お久しぶりでしたぁ~^^
こちらも気づいたらいつのまにか
田んぼが黄金色のじゅうたんになっちゃってたヨ~

稲刈りもそろそろ始まってきたみたいですヨ^^

Commented by manganzi at 2006-10-10 19:42
> カクテキさま
ほんと、お久しぶりです、カクテキさん!
京都よりは秋の訪れも早いですもんね~、そちらは。
稲刈りといえば、新米!
田舎に住んでても、おにぎり持って郊外にでかけて秋を満喫したいもんです。^^
Commented by asdtm at 2006-10-14 17:18
いい風景だね~。
都会より田舎暮らしのが羨ましい!
Commented by manganzi at 2006-10-15 23:46
> asdtmさま
のどかでしょ~。^^
普段お目にかかることはないですが、ちょっと山の中に入ると、猪や猿や鹿なんかも住んでいるらしいです。
いい所ですよ、このあたりは。
by manganzi | 2006-10-03 01:52 | 万願寺想々 | Trackback | Comments(14)